トランプ大統領、対中貿易の改善に自信示す

「想定よりもかなり早く公平な競争環境実現」

 2月10日、トランプ米大統領は、対中貿易で公平な競争環境が近く実現すると予想した。写真は安倍首相との共同会見場で同日撮影(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領は10日、中国の人民元は過小評価されているとの不満を長らく抱いてきたが、貿易に関し想定より早い段階で米中にとり公平な競争環境を実現できるとの見方を示した。安倍晋三首相との共同会見で述べた。

トランプ大統領は「私は長い間、通貨切り下げに関し不満を訴えてきた」とした上で、「最終的には、そしておそらく人々が考えているよりもかなり早い時期に、われわれは皆、公平な競争環境にあるだろう」と話した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。