トランプ大統領、対中貿易の改善に自信示す

「想定よりもかなり早く公平な競争環境実現」

 2月10日、トランプ米大統領は、対中貿易で公平な競争環境が近く実現すると予想した。写真は安倍首相との共同会見場で同日撮影(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領は10日、中国の人民元は過小評価されているとの不満を長らく抱いてきたが、貿易に関し想定より早い段階で米中にとり公平な競争環境を実現できるとの見方を示した。安倍晋三首相との共同会見で述べた。

トランプ大統領は「私は長い間、通貨切り下げに関し不満を訴えてきた」とした上で、「最終的には、そしておそらく人々が考えているよりもかなり早い時期に、われわれは皆、公平な競争環境にあるだろう」と話した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。