インドのノーベル平和賞受賞者宅に窃盗団

メダルなどが盗難被害

 2月7日、2014年にノーベル平和賞を受賞したインドのカイラシュ・サティヤルティさん(63)宅に窃盗団が押し入り、メダルのレプリカなどを強奪した。警察が明らかにした。写真は2015年9月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューデリー 7日 ロイター] - 2014年にノーベル平和賞を受賞したインドのカイラシュ・サティヤルティさん(63)宅に窃盗団が押し入り、メダルのレプリカなどを強奪した。警察が明らかにした。

本物のメダルは、サティヤルティさんが2015年に国に寄贈すると決定、大統領官邸の博物館に展示されている。

サティヤルティさんが設立した非政府組織「バチュパン・ バチャオ・アンドラン」(少年期を守れ運動=BBA)の幹部は、ほかに贈呈品や賞状も窃盗被害にあったと述べた。サティヤルティさんは、会合出席のため海外渡航中だった。

2004年には1913年のノーベル文学賞受賞者ラビンドラナート・タゴールが設立した機関から賞状とメダルが盗まれ、いまだに発見されていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。