インドのノーベル平和賞受賞者宅に窃盗団

メダルなどが盗難被害

 2月7日、2014年にノーベル平和賞を受賞したインドのカイラシュ・サティヤルティさん(63)宅に窃盗団が押し入り、メダルのレプリカなどを強奪した。警察が明らかにした。写真は2015年9月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューデリー 7日 ロイター] - 2014年にノーベル平和賞を受賞したインドのカイラシュ・サティヤルティさん(63)宅に窃盗団が押し入り、メダルのレプリカなどを強奪した。警察が明らかにした。

本物のメダルは、サティヤルティさんが2015年に国に寄贈すると決定、大統領官邸の博物館に展示されている。

サティヤルティさんが設立した非政府組織「バチュパン・ バチャオ・アンドラン」(少年期を守れ運動=BBA)の幹部は、ほかに贈呈品や賞状も窃盗被害にあったと述べた。サティヤルティさんは、会合出席のため海外渡航中だった。

2004年には1913年のノーベル文学賞受賞者ラビンドラナート・タゴールが設立した機関から賞状とメダルが盗まれ、いまだに発見されていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT