インドのノーベル平和賞受賞者宅に窃盗団

メダルなどが盗難被害

 2月7日、2014年にノーベル平和賞を受賞したインドのカイラシュ・サティヤルティさん(63)宅に窃盗団が押し入り、メダルのレプリカなどを強奪した。警察が明らかにした。写真は2015年9月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューデリー 7日 ロイター] - 2014年にノーベル平和賞を受賞したインドのカイラシュ・サティヤルティさん(63)宅に窃盗団が押し入り、メダルのレプリカなどを強奪した。警察が明らかにした。

本物のメダルは、サティヤルティさんが2015年に国に寄贈すると決定、大統領官邸の博物館に展示されている。

サティヤルティさんが設立した非政府組織「バチュパン・ バチャオ・アンドラン」(少年期を守れ運動=BBA)の幹部は、ほかに贈呈品や賞状も窃盗被害にあったと述べた。サティヤルティさんは、会合出席のため海外渡航中だった。

2004年には1913年のノーベル文学賞受賞者ラビンドラナート・タゴールが設立した機関から賞状とメダルが盗まれ、いまだに発見されていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。