ロスの名所「ハリウッド」看板にいたずら

大麻(マリフアナ)を意味する「weed」に

 1月1日、米ロサンゼルスで、ハリウッドを見下ろす丘に建てられた看板に何者かがいたずらし、「Hollywood」のOの文字がEに書き換えられる出来事があった(2017年 ロイター/Kevork Djansezian)

[ロサンゼルス 1日 ロイター] - 米ロサンゼルスで、ハリウッドを見下ろす丘に建てられた看板に何者かがいたずらし、「Hollywood」のOの文字がEに書き換えられる出来事があった。看板に書かれた2つのOに防水シート状の布がかぶせられてEに見えるようにされ、大麻(マリフアナ)を意味する「weed」を含む「Hollyweed」となった。

1923年に立てられたこの看板へのいたずらが判明したのは1日朝。警察担当者によると、市の防犯カメラに、現地時間1日午前3時に黒装束の人物が映っていた。

カリフォルニア州では昨年11月8日に嗜好用マリフアナ使用の法制化が住民投票で可決され、いたずらとの関連が考えられている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?