トランプ政権の次期国務長官は「親ロシア派」

エクソンモービルCEOティラーソン氏起用へ

 12月13日、トランプ次期米大統領は、米石油大手エクソンモービルの最高経営責任者(CEO)であるレックス・ティラーソン氏(写真)を国務長官に指名する方針。ワシントンで撮影(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ次期米大統領は、米石油大手エクソンモービル<XOM.N>の最高経営責任者(CEO)であるレックス・ティラーソン氏(64)を国務長官に指名する方針。現地時間13日朝に国務長官人事を発表する。政権移行チームの担当者が明らかにした。

担当者によると、ベイカー元国務長官、ライス元国務長官、ゲイツ元国防長官を含む共和党主流派の複数の人物がティラーソン氏指名を支持した。

ティラーソン氏はロシアとの親交の深さが懸念されている。米上院でもロシアとのつながりについて質問される可能性が高く、指名承認は難航する見通し。このため、ベイカー氏らの支持を得たことは重要と見られる。

また政権移行チームに近い人物は、トランプ氏がエネルギー長官にリック・ペリー前テキサス州知事を指名する方針で、近く発表する予定だと述べた。ペリー氏は12日、ニューヨークのトランプタワーでトランプ氏に面会した。

人気記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。