トランプ政権の次期国務長官は「親ロシア派」

エクソンモービルCEOティラーソン氏起用へ

 12月13日、トランプ次期米大統領は、米石油大手エクソンモービルの最高経営責任者(CEO)であるレックス・ティラーソン氏(写真)を国務長官に指名する方針。ワシントンで撮影(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ次期米大統領は、米石油大手エクソンモービル<XOM.N>の最高経営責任者(CEO)であるレックス・ティラーソン氏(64)を国務長官に指名する方針。現地時間13日朝に国務長官人事を発表する。政権移行チームの担当者が明らかにした。

担当者によると、ベイカー元国務長官、ライス元国務長官、ゲイツ元国防長官を含む共和党主流派の複数の人物がティラーソン氏指名を支持した。

ティラーソン氏はロシアとの親交の深さが懸念されている。米上院でもロシアとのつながりについて質問される可能性が高く、指名承認は難航する見通し。このため、ベイカー氏らの支持を得たことは重要と見られる。

また政権移行チームに近い人物は、トランプ氏がエネルギー長官にリック・ペリー前テキサス州知事を指名する方針で、近く発表する予定だと述べた。ペリー氏は12日、ニューヨークのトランプタワーでトランプ氏に面会した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT