フィギュア羽生選手、今季世界最高で首位

仏GPファイナルのショートプログラムで

 12月8日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル、男子ショートプログラム(SP)で、羽生結弦は106.53点で今季の世界最高を出し、首位に立った(2016年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[8日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日、フランスのマルセイユで男子ショートプログラム(SP)を行い、羽生結弦は106.53点で今季の世界最高を出し、首位に立った。

羽生は冒頭の4回転ループで着氷がやや乱れて減点されたが、続く4回転サルコー、3回転トーループの連続ジャンプとトリプルアクセルで加点を引き出した。

宇野昌磨は86.82点の4位。パトリック・チャン(カナダ)が99.76点で2位、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が91.76点で3位につけた。

*写真を追加して再送します。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。