フィギュア羽生選手、今季世界最高で首位

仏GPファイナルのショートプログラムで

 12月8日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル、男子ショートプログラム(SP)で、羽生結弦は106.53点で今季の世界最高を出し、首位に立った(2016年 ロイター/Jean-Paul Pelissier)

[8日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日、フランスのマルセイユで男子ショートプログラム(SP)を行い、羽生結弦は106.53点で今季の世界最高を出し、首位に立った。

羽生は冒頭の4回転ループで着氷がやや乱れて減点されたが、続く4回転サルコー、3回転トーループの連続ジャンプとトリプルアクセルで加点を引き出した。

宇野昌磨は86.82点の4位。パトリック・チャン(カナダ)が99.76点で2位、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が91.76点で3位につけた。

*写真を追加して再送します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT