スプリント、「ポケモンGO」で開発会社と協業

店舗でキャラ収集や電話機充電などが可能に

 12月7日、ソフトバンク傘下の米スプリント、「ポケモンGO」を開発するナイアンティックと協業すると発表した。写真はポケモンGOの広告、東京で7月撮影。(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon )

[7日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>傘下の米携帯電話大手スプリント<S.N>は7日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を開発するナイアンティックと協業すると発表した。全米1万超の店舗でポケモンのゲームキャラクターの収集や電話機の充電などが可能になる。

ポケモンGOは任天堂<7974.T>の持分法適用会社ポケモンがプロデュースしている。

午前の米国株式市場でスプリント株は3.8%高の8.48ドル。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。