スプリント、「ポケモンGO」で開発会社と協業

店舗でキャラ収集や電話機充電などが可能に

 12月7日、ソフトバンク傘下の米スプリント、「ポケモンGO」を開発するナイアンティックと協業すると発表した。写真はポケモンGOの広告、東京で7月撮影。(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon )

[7日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>傘下の米携帯電話大手スプリント<S.N>は7日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を開発するナイアンティックと協業すると発表した。全米1万超の店舗でポケモンのゲームキャラクターの収集や電話機の充電などが可能になる。

ポケモンGOは任天堂<7974.T>の持分法適用会社ポケモンがプロデュースしている。

午前の米国株式市場でスプリント株は3.8%高の8.48ドル。

人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。