スプリント、「ポケモンGO」で開発会社と協業

店舗でキャラ収集や電話機充電などが可能に

 12月7日、ソフトバンク傘下の米スプリント、「ポケモンGO」を開発するナイアンティックと協業すると発表した。写真はポケモンGOの広告、東京で7月撮影。(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon )

[7日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>傘下の米携帯電話大手スプリント<S.N>は7日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を開発するナイアンティックと協業すると発表した。全米1万超の店舗でポケモンのゲームキャラクターの収集や電話機の充電などが可能になる。

ポケモンGOは任天堂<7974.T>の持分法適用会社ポケモンがプロデュースしている。

午前の米国株式市場でスプリント株は3.8%高の8.48ドル。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT