NYで1ドル110円台、FRB議長が利上げを示唆

好調な米経済指標も活発なドル買いを後押し

 11月17日、終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して上昇し、対円では節目の110円付近の水準になった。10月撮影(2016年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して上昇し、対円では節目の110円付近の水準になった。米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が12月の利上げを示唆したため、ドル買いが活発化。朝方発表された米経済指標が好調だったことや米国債利回りの上昇再開も材料視された。

終盤のドル/円<JPY=>は0.8%高の109.94円。ユーロ/ドル<EUR=>は0.6%安の1.0620ドルと約11カ月半ぶりの安値になった。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は一時13年半ぶり高値の100.96を付けた後、直近は0.5%高の100.94だった。

イエレン氏は17日の議会証言で、追加利上げが「比較的早期に」適切になる可能性があると発言。また10月の米住宅着工件数は9年2カ月ぶりの高水準を記録したほか、週間の米新規失業保険申請件数は43年ぶりの低水準となった。

アナリストによると、市場は、これらの材料が12月13─14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)でFRBが利上げに動くとの見方を、あらためて裏付けたと受け止めた。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「FRB(の利上げ)観測と米経済(の強さ)がドルの追い風になっている。この2つは同じ話のように見える」と述べた。

堅調な指標を受けて米国債の売りが再燃して利回りが上がり、株式やリスク資産への投資意欲がまた強まったことも、足元のドル高につながっている。

ドル/円 NY終値 110.08/110.15

始値 108.95

高値 110.17

安値 108.95

ユーロ/ドル NY終値 1.0625/1.0627

始値 1.0733

高値 1.0745

安値 1.0619

 

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT