痴漢犯罪の実態、「動機が性欲」は少数派だ

引き金は「上司」や「同僚」であることが多い

「ところが、実際の彼らは驚くほどふつうの男性で、見るからに逸脱していそうな人はほとんどお目にかかりません。当院に通院している男性の多くが、最終学歴は大卒、企業で正社員として働き、既婚者です。しかも、仕事熱心。家庭では妻から信頼され、子どもから“パパ大好き”と言われるような男性です」

つまり、女性にとっては電車内で背後に忍び寄られても「まさかこの人が」と思う人物であり、家族にとっても犯行発覚後「なぜこの人が」と、にわかには信じがたい人物。女性には、いや、男性にも、性犯罪者=異常者であってほしいという願望があるのではないか。痴漢をするのは、自分とは違う特異な人間だと思いたい。どこにでもいる男性が痴漢をするということは、すべての男性が痴漢になる可能性を秘めているということにもなる。

しかし、社会がどこにもいないモンスターを想定するほど、リアルな加害者像から遠ざかる。どんな人物が痴漢をしているのか見えていないから、対策も立てられない。

監視カメラは抑止力にならない?

東京・榎本クリニックで性犯罪加害者の再犯防止プログラムに注力する斉藤章佳氏(精神保健福祉士・社会福祉士)

「そうやって思考停止してしまうのは、加害者の策略にハマっていることになります。実態から目をそらさないことが痴漢撲滅の第一歩ではないでしょうか。たとえば痴漢が多いことで知られるJR埼京線は、車内に監視カメラを設置しました。これで痴漢をやめる人がいないとは言いません。が、当院のプログラム受講者にこれは抑止力になるか尋ねたところ、スリルを味わうゲーム感覚で痴漢をする人にとっては、“達成する難易度が上がった!”と亢進材料になるだろうと回答されました」

痴漢を知ることでしか、痴漢は防げない。そのために、同クリニックでは、各専門スタッフが全力で、痴漢を含めた性犯罪者と向き合い再犯防止を目指している。次回は、同クリニックでは具体的にどんなことが行われているのか。それを通して見えてくる痴漢の内面とともにお伝えする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。