米株価指数先物急落、トランプ氏リードで

米10年債価格が上昇、利回りは大きく低下

 11月8日、夜の取引で米国債価格が上昇し、10年債利回りが1か月ぶりの水準に低下している。写真はトランプ氏。アイオワで6日撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 8日夜の取引で米国債価格が上昇し、10年債利回りが1か月ぶりの水準に低下している。米大統領選で共和党のトランプ候補がリードするなか、米株価指数先物が急落している。

トレードウェブのデータによると、米10年債<US10YT=RR>価格は1ポイント超上昇、利回りは1.736%と、米東部時間8日午後3時(日本時間9日午前5時)の水準から13ベーシスポイント(bp)近く低下している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT