前場の日経平均は1万7000円を割り込む

トランプ氏優勢を警戒、一時525円安

 11月9日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比382円48銭安の1万6788円90銭と大幅続落。写真はトランプ氏。ミズーリ州 で10月撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[東京 9日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比382円48銭安の1万6788円90銭と大幅続落。取引時間中で3営業日ぶりに節目の1万7000円を割り込んだ。前日の米株高や円安進行を好感し、朝方は買いが先行したが、米大統領選で共和党候補ドナルド・トランプ氏の優勢が伝わると先物売りが活発化。日経平均は一時500円を超す下げとなった。

激戦州のフロリダ州で民主党候補ヒラリー・クリントン氏がリードを広げると日経平均が一時256円高となる場面もあったがが、その後、トランプ氏が逆転。オハイオ州やノースカロライナ州でもトランプ氏優勢となり、ドル/円の急落と共に日経平均にも売り圧力が強まった。「英国のEU(欧州連合)離脱時の再来を警戒している。トランプ氏勝利が確定すれば日本株の一段安は避けられない」(松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏)との声が出ていた。

東証業種別株価指数では全33業種が値下がり。東証1部の騰落数は全体の93%にあたる1847銘柄が下落した。上昇は105銘柄、変わらずは32銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT