フェイスブック決算はモバイル広告が好調

売上高が予想を上回り前期比55.8%増に

 11月2日、フェイスブックが公表した第3・四半期決算は、予想を上回る55.8%の増収だった。写真は同社のロゴマーク。サラエボで昨年12月撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration/File Photo)

[2日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>が公表した第3・四半期(9月30日終了)決算は、予想を上回る55.8%の増収となった。モバイル向け広告が大きく伸びたことが寄与した。

株主帰属の純利益は23億7000万ドル(1株0.82ドル)と、前年同期の8億9100万ドル(同0.31ドル)から急増した。

特別項目を除く1株利益は1.09ドル。

総売上高は45億ドルから70億1000万ドルに増加。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめた市場予想の69億2000万ドルを上回った。

広告収入は68億2000万ドル。このうちモバイル向けの広告が占める割合は84%と、前年同期の78%から上昇した。

ファクトセット・ストリートアカウントがまとめた広告収入のアナリスト予想は67億1000万ドルだった。

9月30日時点で、フェイスブックのサイトの月間利用者数は前年比16%増の約17億9000万人。フェイスブック利用者の90%超はモバイル機器経由で、モバイル経由の平均利用者数は1日当たり10億9000万人と、22%増えた。

ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は声明で「すべての当社アプリで動画を最優先する目標に向け前進しており、10カ年のテクノロジー行程表を実行している」とコメントした。

発表を受け、株価は時間外取引で1%高の128.35ドルをつけた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT