日経平均は2営業日ぶり反落

金融政策の現状維持に失望か

28業種で下落、不動産の下げ目立つ

東証33業種別では、28業種が下落。下落率トップは不動産の4.1%で、金融、鉄鋼、電気・ガス、倉庫が続いた。上昇は5業種。上昇率トップは紙・パルプの6.0%で、建設、保険、証券、銀行が続いた。

東証1部の473銘柄(全体の27.5%)が上昇、1174銘柄(同68.3%)が下落した。変わらずは70銘柄。三井不動産、三菱地所、住友不動産や、ケネディクス、サンフロンティア、オリコなど、不動産やノンバンク関連の下落が目立った。長期金利の上昇が嫌気されているもよう。一方、サカイオーベックスや石塚硝子、東京計器など、好業績ながらPBR等の指標面に割安感の残る銘柄が、本日の値上がり率上位につけた。

明日の東京市場は、本日午後の黒田東彦日銀総裁の会見内容を受けてのスタートとなりそう。本日の反落については、「昨日の大幅高に見合った、順当な調整ではないか」(市場関係者)との声が聞かれている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT