12月米利上げ確率83%、前日から上昇

CMEグループ算出の「フェドウォッチ」

 10月28日、予想を上回る米GDP統計を受け、12月の利上げ観測が高まった。写真はイエレンFRB議長。ワシントンで9月撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron/File photo)

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米短期金利先物相場は、予想を上回る伸びとなった第3・四半期の米国内総生産(GDP)統計を受けて下げ幅を拡大し、米連邦準備理事会(FRB)による12月の利上げ観測が高まった。

CMEグループのフェドウォッチによると、市場が織り込む12月利上げの確率は約83%と、前日の78%から上昇した。

第3・四半期の米GDP速報値は、年率換算で前期比2.9%増と、2014年第3・四半期以来2年ぶりの高水準となり、伸びは市場予想の2.5%増を上回った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT