日経平均1万3000円割れは割安な水準か

夜明け前が一番暗い、強気に転じる時が到来も

何回かに分け、仕込む手も?

しかし、日経平均の1万3000円台から下は、中長期的には絶好の買い場である。6月第2週はメジャーSQを14日に控えて先物主導による荒れた展開が続きそうだが、大底は近そうだ。キャッシュポジションを高めていた投資家は、何回かに間隔をあけて仕込むと、激しい値動きの中でリスクを抑えることができる可能性がある。

また、保有株に含み損がある投資家は、振り落とされてはいけない。ここまで我慢して投げ売るのは売り方の思うツボである。信用ではなく現物買いをしている限り、追い証やロスカットは発生しない。信用買いの投げが一巡すれば、相場は急速に戻る可能性が高い。短期でプラスに持っていくことは難しいかもしれないが、少なくとも含み損の大幅な縮小は期待できるだろう。

「株式ウイークリー」編集長 藤尾明彦)
*銘柄選択や投資の最終決定は、ご自身の判断・責任でなさるよう、御願いいたします。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT