1ドル95円以上の円高は、ドル買いの好機

みずほコーポレート銀行の唐鎌大輔氏に聞く

「円安」と「株高」の出自の違い

しかし、いつまでも株価が下がれば円高が進むというわけではない。これは「株高」と「円安」の出自が違うためだ。

これまでの株高は明らかに、201211月に潮目が変わったもので、「アベノミクスでインフレ率上昇」の掛け声を信じた結果である。しかし、円安はすでに2012年の2月以降、徐々に進んできた基調であり、この背景には日本が貿易赤字国になったことに代表される基礎的な需給環境の激変と欧米経済の改善があるからだ。

したがって、投機のポジションが巻き戻された後に、さらなるネットでの円買いが進んでいくことは考えにくい。購買力平価から見たドル円の水準は1ドル=97円前後である。

週明け以降に1ドル=95円以上に円高が進めば、投機のオーバーシュートによるもので、ドルを押し目買いする好機だと見る。()

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT