パキスタン青年がインスタ投稿で人気化

映画の誘いも

 10月20日、インターネットに写真が投稿され一躍注目の的となった紅茶売りのパキスタン人青年が、注目されたことは嬉しいが、俳優に転身するつもりはないと述べた(2016年 ロイター/Faisal Mahmood)

[イスラマバード 20日 ロイター] - インターネットに写真が投稿され一躍注目の的となった紅茶売りのパキスタン人青年が、注目されたことは嬉しいが、俳優に転身するつもりはないと述べた。

この男性は、パシュトゥン族のアルシャド・カーンさん(18)。ある写真家が今週、写真共有サービスのインスタグラムに紅茶屋台で働くカーンさんの写真を投稿したところ瞬く間に数万回共有され、センセーションを巻き起こした。

青緑色の瞳を持ち、すらりとした体格で口ひげを生やしたカーンさんには、モデル契約や映画出演の話が舞い込んでいるが、カーンさんは映画出演の仕事は「名誉ある職業ではない」ため関心がないと明言。

ただ、束の間であっても注目されたことには喜びを示し「今朝、自分のルックスが良いと知った。人々がやってきて、写真やビデオを撮っている」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT