人はどうやって「トラウマ」を克服するのか

戦場体験、交通事故、家庭内暴力・・・

恐ろしい経験によって、人は絶望的なまでに過去に囚われてしまうことがある(写真:altanaka / PIXTA)

戦場体験、交通事故、家庭内暴力、性的虐待、ネグレクト……。人はそうした恐ろしい経験によって、絶望的なまでに過去に囚われてしまうことがある。もともとの体験はもう何年も前のことだというのに、いまだに悪夢やフラッシュバックに襲われたり、爆発的な憤激や感情の麻痺に陥ったり。

しかし、そのようにトラウマを負っている人は、正確に言ってどのような状態にあるのか。また、そうしたトラウマはどうしたら治療することができるのか。本書『身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法』は、それらの問題に30年間格闘してきた斯界の第一人者による、記念碑的な大著である。

本書の原題は、The Body Keeps the Score: Brain, Mind, and Body in the Healing of Traumaだ。Amazon.comの書誌ページを見ると、本邦訳書の刊行時点で、原書には900件近いレビューが寄せられていて、しかもその評価のアベレージはなんと4.8である。本書が、専門家や患者から、そしておそらくは一般読者からも、絶大なる支持を得ていることが、その数字より窺えるだろう。

神経科学の援用と多様な治療法

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

では、本書はどうしてそれほど大きな支持を得ているのだろう。思うにそれは、以下のふたつの点において、本書がとりわけ異彩を放っているからである。

まずひとつは、神経科学の知見などをも活用しながら、「トラウマを負った人は正確にどのような状態にあるのか」を明らかにし、そのうえで、それにもとづいた治療法を提言しているという点。その点からして本書は、「こういった治療が効く」とただ述べているだけの本とはひと味もふた味も違った内容となっている。

次ページできることなら何でもする
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。