人はどうやって「トラウマ」を克服するのか

戦場体験、交通事故、家庭内暴力・・・

恐ろしい経験によって、人は絶望的なまでに過去に囚われてしまうことがある(写真:altanaka / PIXTA)

戦場体験、交通事故、家庭内暴力、性的虐待、ネグレクト……。人はそうした恐ろしい経験によって、絶望的なまでに過去に囚われてしまうことがある。もともとの体験はもう何年も前のことだというのに、いまだに悪夢やフラッシュバックに襲われたり、爆発的な憤激や感情の麻痺に陥ったり。

しかし、そのようにトラウマを負っている人は、正確に言ってどのような状態にあるのか。また、そうしたトラウマはどうしたら治療することができるのか。本書『身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法』は、それらの問題に30年間格闘してきた斯界の第一人者による、記念碑的な大著である。

本書の原題は、The Body Keeps the Score: Brain, Mind, and Body in the Healing of Traumaだ。Amazon.comの書誌ページを見ると、本邦訳書の刊行時点で、原書には900件近いレビューが寄せられていて、しかもその評価のアベレージはなんと4.8である。本書が、専門家や患者から、そしておそらくは一般読者からも、絶大なる支持を得ていることが、その数字より窺えるだろう。

神経科学の援用と多様な治療法

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

では、本書はどうしてそれほど大きな支持を得ているのだろう。思うにそれは、以下のふたつの点において、本書がとりわけ異彩を放っているからである。

まずひとつは、神経科学の知見などをも活用しながら、「トラウマを負った人は正確にどのような状態にあるのか」を明らかにし、そのうえで、それにもとづいた治療法を提言しているという点。その点からして本書は、「こういった治療が効く」とただ述べているだけの本とはひと味もふた味も違った内容となっている。

次ページできることなら何でもする
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。