ユニクロ顔負け、急成長するジーユーの秘訣

日本発ファストファッションは化けるのか?

ジーユーはユニクロ同様、企画・生産・販売すべてを自社で一気通貫して手掛けるSPA(製造小売業)だ。最新のトレンドをとらえた「最旬リアルファッション」を日本人向けにスピーディに商品化。生地はユニクロとは別に独自に調達する。商品開発体制を強化するために今春にはロンドンに研究拠点を立ち上げた。「ジーユーは日本発のファストファッション。このコンセプトはありそうでなかった」(柚木社長)。

今年の秋冬商戦については、コートとカーディガンの良さを生かした「コーディガン」などの最旬商品をユニクロより低価格で展開する。店舗展開は国内で341店舗(2016年9月30日時点)まで拡大した。今期も年間40店前後の出店を計画しており、店舗の大型化にも順次取り組む。

顧客層拡大へメンズやキッズを強化

10月13日の決算会見で売上高1兆円を目指すことを宣言した柚木治社長(撮影:今井康一)

ただ柚木社長は「これまではラッキーな面もあった」と率直に語る。定期的にヒット商品に恵まれ、拡大路線に伴うひずみは隠されてきた。今後さらなる成長を目指すためには、意識的に人材育成や店舗運営の効率化などに取り組まなければならない。

商品面ではこれまで意図的にレディース向けを中心に展開してきたが、今後は顧客層の拡大のため、メンズやキッズ商品の強化を進める。そして国内の成長を担うもう一つの取り組みが、ネット販売の強化だ。ジーユーはユニクロより一足先に店舗のチラシを全廃し、デジタル会員を軸にした販促に移っている。顧客層のネットに対する親和性も高い。今後はネット販売の比率を現在の5%から中期的に30%まで拡大させる方針だ。

そしてさらなる成長に向けた最大の課題は海外展開だ。ジーユーの海外展開は2013年にはじまったが、まだ11店にとどまる。来春香港に出店する2店舗を皮切りに、3年後には50店体制を目指す。その過程では、先行する「H&M」や「ZARA」などグローバルブランドと競合する場面も出てくるだろう。

「ファッションは大衆化するとファッションじゃなくなると言われる。そんな常識を越えたい」と話した柚木社長。これから真の実力が問われることになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT