前場の日経平均、1カ月ぶり1万7000円台回復

原油高や円安を好感、売買代金はやや低調

 10月11日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比195円66銭高の1万7055円75銭と反発し、取引時間中として9月6日以来、1カ月ぶりの高値水準を付けた。写真は都内にある東京証券取引所で2月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 11日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比195円66銭高の1万7055円75銭と反発し、取引時間中として9月6日以来、1カ月ぶりの高値水準を付けた。原油高を背景に前日の米国株が上昇したことを好感し、朝方から買いが先行した。為替が1ドル104円付近まで円安方向に進むと、日経平均は一時200円超の上げ幅となった。1万7000円台回復後は戻り待ちの売りなどで伸び並んだが、前引けにかけても堅調を持続した。前場の東証1部売買代金は9200億円と低調だった。

7日発表の9月米雇用統計は市場予想を下回る内容だったが、米国景気の緩やかな拡大基調には変わりないとの見方が広がった。ロシアが石油輸出国機構(OPEC)の減産に協力する意向を示し原油価格が上昇したことや、米大統領選の第2回候補者討論会を終えて、民主党のクリントン氏が支持率のリードを広げたことは日本株とっても安心材料になった。市場では「投資環境が改善し、出遅れている日本株に見直し機運が高まりつつある。企業業績の下方修正懸念はあるものの、円高リスクの後退が株価を後押ししている」(岡三オンライン証券チーフストラテジストの伊藤嘉洋氏)との声が出ていた。

東証1部騰落数は、値上がり1285銘柄に対し、値下がりが555銘柄、変わらずが142銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT