大型ハリケーン、米大統領が非常事態宣言

カリブ海諸国での死者は少なくとも140人

 10月6日、過去10年近くで最大級の大型ハリケーン「マシュー」は、ハイチなどカリブ海諸国での死者が少なくとも140人に達するなど、同地域に大きな爪痕を残した後も、強い勢力を保ちながら北上を続けている。写真はハリケーン「マシュー」の強風で破壊されたバハマのガソリンスタンド(2016年 ロイター/Dante Carrer)

[オーランド/マイアミ(米フロリダ州)/シカゴ/ポルトープランス(ハイチ) 6日 ロイター] - 過去10年近くで最大級の大型ハリケーン「マシュー」が、米南東部を直撃する恐れがあり、オバマ大統領は、フロリダ州とサウスカロライナ州に非常事態宣言を発令した。

フロリダ、ジョージア、サウスカロライナ、ノースカロライナの各州も非常事態宣言を発令した。

オバマ大統領は4州の知事に電話し、対策を協議した。ホワイトハウスの声明によると、大統領は「州の対応支援に必要な連邦政府のリソースを提供する」と表明した。

フロリダ州のリック・スコット知事は、ハリケーンが州を直撃した場合、壊滅的な被害をこうむる恐れがあるとして、住民約150万人に避難命令を出した。ウェザーチャンネルによると、南フロリダからジョージア、サウスカロライナの沿岸地域に警報が出されている。

「マシュー」は、カリブ海のハイチで死者が少なくとも261人に達するなど、同地域に大きな爪痕を残した後も、強い勢力を保ちながら北上を続けている。

国立ハリケーン・センター(NHC)は、翌7日夜にかけてフロリダ半島を直撃もしくは沿岸をかすめる可能性があるほか、甚大な被害をもたらす恐れがあるとして、厳重な警戒を呼びかけている。

ハリケーンは米東部時間午後2時(日本時間7日午前3時)時点でウェストパームビーチの東南東205キロの地点にあり、22キロの速度で北西に進んでいる。風速は毎時220キロ、勢力はカテゴリー4。

空の便では、デルタ航空<DAL.N>がこれまでに130便欠航となっており、翌7日はさらに150便欠航する見通し。ユナイテッド航空<UAL.N>は前日から8日までの180便が欠航となる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。