中国発「世界初のパーソナルロボット」とは?

野望もサイズも大きい「BIG-I」

音声は英語です。音量にご注意ください

中国の新興ロボッベンチャーが、BIG-Iと名付けられた「ローミング・バイリンガルデバイス」を生産した。これは世界初のパーソナルロボットという触れ込みだ。

深圳を拠点とする深圳創想未来機器人有限公司(NXROBO)によって生産されたこのセルフナビゲート式のローミングロボット「BIG-I」が、あなたの家の中にやって来るかもしれない。

NXROBOの創業CEOであるTin Lun Lam博士は、もしそれが実現するのであれば、BIG-iには家族に溶け込んで欲しいと考えている。「家庭によって環境や家族のメンバーは異なっています。ですから私たちは非常に高い顔認証能力を持つロボットを開発しました。機能と動きは利用者が設定します。つまり高度にパーソナライズされたロボットなのです」。

開発者は、BIG-iが家族を認識し、その家族の指示に従うようにプログラムした。WiFi接続だけで、エアコンやテレビの設定を調整したり変更するなど、ユーザーはBIG-iを機器にリンクできる。

Lam博士は、BIG-iは子供を助けることにもなると言う。「ロボットに『もしキッチンで息子を見たら、食べる前に手を洗うように言ってちょうだい』と指示しておけば、そのとおりに行動します。多くのことができるのです」。

NXROBOが期待している多くのこと――。そのうちのひとつは、将来、BIG-iを大ヒットさせることだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT