中国発「世界初のパーソナルロボット」とは?

野望もサイズも大きい「BIG-I」

音声は英語です。音量にご注意ください

中国の新興ロボッベンチャーが、BIG-Iと名付けられた「ローミング・バイリンガルデバイス」を生産した。これは世界初のパーソナルロボットという触れ込みだ。

深圳を拠点とする深圳創想未来機器人有限公司(NXROBO)によって生産されたこのセルフナビゲート式のローミングロボット「BIG-I」が、あなたの家の中にやって来るかもしれない。

NXROBOの創業CEOであるTin Lun Lam博士は、もしそれが実現するのであれば、BIG-iには家族に溶け込んで欲しいと考えている。「家庭によって環境や家族のメンバーは異なっています。ですから私たちは非常に高い顔認証能力を持つロボットを開発しました。機能と動きは利用者が設定します。つまり高度にパーソナライズされたロボットなのです」。

開発者は、BIG-iが家族を認識し、その家族の指示に従うようにプログラムした。WiFi接続だけで、エアコンやテレビの設定を調整したり変更するなど、ユーザーはBIG-iを機器にリンクできる。

Lam博士は、BIG-iは子供を助けることにもなると言う。「ロボットに『もしキッチンで息子を見たら、食べる前に手を洗うように言ってちょうだい』と指示しておけば、そのとおりに行動します。多くのことができるのです」。

NXROBOが期待している多くのこと――。そのうちのひとつは、将来、BIG-iを大ヒットさせることだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。