中国発「世界初のパーソナルロボット」とは?

野望もサイズも大きい「BIG-I」

音声は英語です。音量にご注意ください

中国の新興ロボッベンチャーが、BIG-Iと名付けられた「ローミング・バイリンガルデバイス」を生産した。これは世界初のパーソナルロボットという触れ込みだ。

深圳を拠点とする深圳創想未来機器人有限公司(NXROBO)によって生産されたこのセルフナビゲート式のローミングロボット「BIG-I」が、あなたの家の中にやって来るかもしれない。

NXROBOの創業CEOであるTin Lun Lam博士は、もしそれが実現するのであれば、BIG-iには家族に溶け込んで欲しいと考えている。「家庭によって環境や家族のメンバーは異なっています。ですから私たちは非常に高い顔認証能力を持つロボットを開発しました。機能と動きは利用者が設定します。つまり高度にパーソナライズされたロボットなのです」。

開発者は、BIG-iが家族を認識し、その家族の指示に従うようにプログラムした。WiFi接続だけで、エアコンやテレビの設定を調整したり変更するなど、ユーザーはBIG-iを機器にリンクできる。

Lam博士は、BIG-iは子供を助けることにもなると言う。「ロボットに『もしキッチンで息子を見たら、食べる前に手を洗うように言ってちょうだい』と指示しておけば、そのとおりに行動します。多くのことができるのです」。

NXROBOが期待している多くのこと――。そのうちのひとつは、将来、BIG-iを大ヒットさせることだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT