「あなたに代わって駐車します」、中国企業が新型ロボット開発

「あなたに代わって駐車します」

 7月5日、中国深センの会社が、車の下に入り込んで車体を持ち上げて移動し、縦列駐車を行うロボットを開発したことが分かった。写真は6月、深センの研究開発センターで撮影された「駐車ロボット」(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[深セン(中国) 5日 ロイター] - 中国深センの会社が、車の下に入り込んで車体を持ち上げて移動し、縦列駐車を行うロボットを開発した。価格は100万元(約1500万円)超で、近く実用化の予定という。

ロボットは「Geta」と名付けられ、地図が入力されたコンピューターに信号を送りながらレーザーの誘導を受け、小さなスペースでも見つけて駐車することができる。

同社によると、ロボットは360度の移動が可能で、レールなどは不要。駐車時間はわずか2分という。

同社のマーコ・ウー最高経営責任者(CEO)は「当社の製品に対し、シンガポールとロンドンの商業用物件会社や、中国と中東の公共駐車場、不動産開発業者や政府など、多方面から関心が示されている」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT