「あなたに代わって駐車します」、中国企業が新型ロボット開発

「あなたに代わって駐車します」

 7月5日、中国深センの会社が、車の下に入り込んで車体を持ち上げて移動し、縦列駐車を行うロボットを開発したことが分かった。写真は6月、深センの研究開発センターで撮影された「駐車ロボット」(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[深セン(中国) 5日 ロイター] - 中国深センの会社が、車の下に入り込んで車体を持ち上げて移動し、縦列駐車を行うロボットを開発した。価格は100万元(約1500万円)超で、近く実用化の予定という。

ロボットは「Geta」と名付けられ、地図が入力されたコンピューターに信号を送りながらレーザーの誘導を受け、小さなスペースでも見つけて駐車することができる。

同社によると、ロボットは360度の移動が可能で、レールなどは不要。駐車時間はわずか2分という。

同社のマーコ・ウー最高経営責任者(CEO)は「当社の製品に対し、シンガポールとロンドンの商業用物件会社や、中国と中東の公共駐車場、不動産開発業者や政府など、多方面から関心が示されている」と述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT