寄り付きの日経平均は反落、米国株安を嫌気

ドイツ銀行めぐる懸念再燃から米国株が下落

 9月30日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比219円26銭安の1万6474円45銭と反落した。ドイツ銀行をめぐる懸念の再燃から前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、朝方の東京市場も売りが先行した。写真は都内の株価ボード、2月撮影(2016年 ろいたー/Yuya Shino)

[東京 30日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比219円26銭安の1万6474円45銭と反落した。ドイツ銀行をめぐる懸念の再燃から前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、朝方の東京市場も売りが先行した。

三菱UFJ<8306.T>が売り気配スタートとなるなど金融株を中心に売り圧力が強まっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT