寄り付きの日経平均は反落、米国株安を嫌気

ドイツ銀行めぐる懸念再燃から米国株が下落

 9月30日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比219円26銭安の1万6474円45銭と反落した。ドイツ銀行をめぐる懸念の再燃から前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、朝方の東京市場も売りが先行した。写真は都内の株価ボード、2月撮影(2016年 ろいたー/Yuya Shino)

[東京 30日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比219円26銭安の1万6474円45銭と反落した。ドイツ銀行をめぐる懸念の再燃から前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、朝方の東京市場も売りが先行した。

三菱UFJ<8306.T>が売り気配スタートとなるなど金融株を中心に売り圧力が強まっている。

人気記事
トピックボードAD
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。