原田泳幸氏「ついてこられない幹部はやめろ」

日本マクドナルド社長に聞く

――「100円マック」などバリュー戦略をどう総括しますか。

6月某日は35年の歴史で、1日の売上高の最高記録を達成した。この2年の1つの成果です。今後も「100円マック」は充実させていく。やめるなんてとんでもない。

――ただ「100円マック」購買層が高額なセットメニューを注文するとは思えないが。

 そんなことはない。それは一部の学生の話。新規顧客層を開拓しています。

深夜帯の競合はコンビニ

――「24時間営業」は早期に200店で展開。900店まで拡大する余地があると。

900店は1つの可能性。7月で300店まで広がったので、一度検証するつもりです。昨年の朝6時半開店は物理的にできる所は全部開けろと号令かけましたが、今回は検証しつつやります。

――格安の深夜喫茶になっていますよ。

それは本当の一部。大した問題ではない。「深夜のサウナ」みたいになるとは思わないでください。全然違いますから。店長の器量でちゃんとやっています。深夜帯の競合はコンビニ。ウチはコンビニよりおいしいからニーズはある。

――ただ深夜のコストは莫大です

もちろん深夜帯だけで見たら合いません。ただ早朝開店したらほかの時間帯の売り上げも上がった。24時間全体の売り上げがどうなったかで評価します。

次ページ現場の反発が強まっているが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。