ポルシェ「パナメーラ」PHV仕様のスゴい実力

このエコサルーンはスーパーカー級だ

パナメーラ 4 E-ハイブリッドは、常に電動モーターの力のみで走る「Eパワーモード」で発進。ゼロエミッション車両(ZEV)として走行しても、最高速度は140km/hに達する。さらにガソリンエンジンに火が入ると、0-100km/h加速で4.6秒、マキシマムスピードは278km/hに達するという。

これは初代パナメーラに設定されたハイブリッド版「パナメーラ S ハイブリッド」および進化型であるPHVモデル「パナメーラ S E-ハイブリッド」の最高速度270km/h、0-100km/h加速5.5秒を大幅に凌駕するのはもちろんのこと、車両重量の軽い新型パナメーラ 4Sの0-100km/h加速4.4秒(オプションのスポーツクロノパッケージ装着車は4.2秒に短縮)、最高速度289km/hというパフォーマンスにも肉薄する、まさしくスーパーカー級のエコサルーンとなった。

トランスミッションについても、電子制御油圧式システムを持つ先代パナメーラの8段PDKから電気クラッチアクチュエータ(ECA)によって電気機械的に制御される新たな8段PDKに進化。応答時間がよりいっそう短縮されたとされている。

重要な要素である蓄電容量は大容量化

加えてハイブリッド車の重要な要素である2次電池は、液冷式リチウムイオンバッテリーで、トランクルームのフロア下に搭載。バッテリーの重量は変わらないにもかかわらず、蓄電容量は先代パナメーラ S ハイブリッドの9.4kWhから14.1kWhに大容量化した。

ちなみに、この高電圧バッテリーは230V/10A接続でフル充電されるまでにわずか5.8時間。ほかの新型パナメーラに標準装備される3.6kWのチャージャーの代わりに、オプションの7.2kWの車載チャージャーと230V/32A接続を選択した場合は、バッテリーはわずか3.6時間でフル充電が可能だ。

これらの進化が相まって、パナメーラ 4 Eハイブリッドは、Eパワーモードで最大50kmまでのゼロエミッション走行が可能との由。この効果もあって、欧州の新しい走行サイクル(NEDC)において、燃費は40km/リットル。CO2排出量も56g/kmという優れた環境性能を実現することに成功。ポルシェが先代パナメーラで確立した「エコなスーパーサルーン」という世界観を、さらに一歩先の領域へと進めることになったようだ。

パナメーラ 4 E-ハイブリッドの正式なワールドプレミアは、10月に開幕するパリ・サロン。日本国内での予約受付も10月11日からスタートし、ベーシックプライスは1407万円(右ハンドル仕様のみ)とのこと。

(文・武田公実)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT