原油先物一時3%安、楽観論が後退

IEAとOPECの供給過剰見通しを嫌気

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 13日の原油先物市場は一時、3%下落する場面があった。

国際エネルギー機関(IEA)と石油輸出国機構(OPEC)が供給過剰状態が続く見通しを示したことを嫌気し、ドル<.DXY>高に伴う割高感が重しとなった。

米東部夏時間午前11時26分(日本時間14日午前0時26分)時点で、北海ブレント原油先物<LCOc1>が1ドル(2%)安の1バレル=47.32ドル。

米原油先物<CLc1>は1.25ドル(2.7%)安の同45.04ドル。

米連邦準備理事会(FRB)の年内金融引き締め観測や、IEAのさえない需要見通しを受け、産油国が今月、増産凍結で合意するとの市場の楽観論はさらに後退した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT