原油先物一時3%安、楽観論が後退

IEAとOPECの供給過剰見通しを嫌気

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 13日の原油先物市場は一時、3%下落する場面があった。

国際エネルギー機関(IEA)と石油輸出国機構(OPEC)が供給過剰状態が続く見通しを示したことを嫌気し、ドル<.DXY>高に伴う割高感が重しとなった。

米東部夏時間午前11時26分(日本時間14日午前0時26分)時点で、北海ブレント原油先物<LCOc1>が1ドル(2%)安の1バレル=47.32ドル。

米原油先物<CLc1>は1.25ドル(2.7%)安の同45.04ドル。

米連邦準備理事会(FRB)の年内金融引き締め観測や、IEAのさえない需要見通しを受け、産油国が今月、増産凍結で合意するとの市場の楽観論はさらに後退した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT