貧困に喘ぐ人と「支援者」がすれ違う根本理由

困窮者支援のはずが政治的な運動に…

僕の執筆活動の範疇でも、セックスワークに被害者的な立場で従事している女性と、セックスワーカーの社会化や環境改善を目指す人たちのズレとか(随分改善傾向だけど)、同じく被害者的セックスワーカーの声だけピックアップしてしまう支援者とか、生活保護者にケアではなく就業支援を勧める人たちとか。この連載の端緒であった、貧困者の可視化をしたいと思うメディア従事者もまた同様だ。

どの支援者も当事者のためになろうという善意で動いているし、温かく有能な人たちであるはずが、すれ違ったり、支援者同士で対立をしたり、当事者とまで対立してしまったり、そんな混乱の中で論点がまったく別のところにぶっ飛んで、困窮者支援のはずが政治的運動になっちゃったり。結局、いちばん大事にしなければならないはずの当事者のQOLが置いてけぼりになったりしている。

そこで本記事の頭の提議に戻って言葉を言い換えるなら、非定型発達者を定型発達になるように「矯正」することが、そもそも非定型発達者のQOL向上につながるのだろうか? それは押し付けだし、そもそも非定型発達者に対する排除傾向が強い日本社会に問題があるのではないかということだ。

これは少し論が走りすぎな感じもするが、実は僕が取材で「明らかに日本社会ではうまく溶け込めない」と思う非定型発達な元子どもの貧困者にけっこうありがちなのが、「外国人」だとか「帰国子女」的なパーソナリティだ。極端な個人主義や自己主張とか、約束(特に時間)に対する認識の低さや、マウンティングコミュニケーションに偏りがちなところだとか。

こんな彼らは日本社会ではうまいこと働けないかもしれないが、案外、米国などに行ったら没個性なパーソナリティで普通に働けてしまうのではないかと思うことも多い。

とはいえ、そうした日本の社会側に多様性を開いていく、本来の意味でのダイバーシティ的なものだけに頼るのは、困窮者支援の施策としては目標が遠大すぎるし、むしろ現状の、特に若者社会においてはまったく逆の方向を向いている。昨今の10代20代の「空気読めないとヤバい」感は加速する一方で、空気読める子は読める子、ちょっと読めない子はちょっと読めない子、かなり読めない子はかなり読めない子同士のグループに非常に細かく分断されて、生い立ちや好みなどがさらにそのグループを細分化して、それぞれに排除と孤立を生み出しているように感じてならない。

SNSでは自分に近い属性同士で固まるだけ

SNSをはじめとする、属性で細かく分断されてもコミュニティを形成できるツールがたくさんあるのは、そうとう空気読めなくてどこに属すればいいのかわからない子どもだった僕などにはうらやましくて仕方がないが、貧困報道に対する反応など見るかぎりそれは多様性を認める側ではなく、逆の自分に近い属性同士でそれぞれの論が先鋭化してしまっているだけのようにも感じる。

こんな中で、社会そのもののダイバーシティがどうのこうの、政策や経済界レベルで話し合っても、今、そこで苦しんでいる貧困者にその効果が届くのはいつよ?という話だ。

ならば、こうしたことをすべて考えたうえで、どうすればいいのだろうか? 貧困者支援に新たなアプローチはないものなのか。「発達支援的ケア」もたどり着いたひとつの案ではあるが、頼りない。次回、この連載は最終回として、これまでの貧困当事者への取材経験や僕自身の高次脳機能障害体験などから、より前向きな支援モデルを提言してみたいと思う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT