カネカの付け毛、アフリカで大ヒットのなぜ 女性のおしゃれ心つかみ、最大の稼ぎ頭に

印刷
A
A

成長が続いてきたアフリカ経済だが、実は、足元の経済環境は決してよくない。ここ1、2年の資源市況急落と通貨安によって、ナイジェリアや南アフリカなど主要国の景気が悪化し始めているからだ。にもかかわらず、カネカロンのアフリカ輸出は好調をキープしている。

「資源バブルがはじけ、付け毛の消費にも大きな影響が出ると覚悟したが、今のところは需要が落ちていない。現地の若い女性たちにとって、付け毛が欠かせないアイテムになっているからだと思う」(天知取締役)。

景気後退で短期的な調整はあるとしても、アフリカが成長マーケットであることは間違いない。なにしろ、サブサハラ諸国の人口(2014年時点で9.2億人)は増え続け、国連推計では、2030年代前半に14億人を突破する見通しだ。しかも、女性が年々おしゃれになっているため、アフリカの付け毛市場は今後も長期にわたる成長が見込まれる。

現地でテレビCM開始、専用の新工場も稼働

この成長市場で圧倒的なシェアを維持し続けるため、カネカは現地でのプロモーション活動を積極化している。テレビやラジオのCMを開始したほか、「ミス・カネカロン」コンテストも開催。昨年末の第1回大会はナイジェリアで行った予選会に3000人以上の応募が集まるなど、予想以上の大きな反響があった。今年はガーナでも予選会を開くなど、昨年以上の大きな大会にする。

カネカは専門美容サロンを対象としたセミナーを開催し、新しいスタイリングの提案や技術指導も行っている。写真はケニアでのセミナー風景

また、初のアフリカ拠点となる駐在員事務所をガーナに今春開設した。これまでは、その都度、社員が日本から出張していたが、今後は現地に日本人2名が常駐する。

天知氏によると、「アフリカにも大型商業施設ができるなど、流通チャネルが徐々に変わり始めている。将来的にはeコマースも普及するだろう。社員を常駐させて、そうした変化にどう対応すべきか戦略を練りたい」という。

旺盛な需要に対応するため、生産体制の強化にも踏み切った。これまで供給を担ってきた兵庫の高砂工業所はすでにフル操業状態にあるため、今年7月、マレーシアでも生産を開始。マレーシア新工場で生産するカネカロンは、その全量をアフリカに出荷する。

日本からはるかかなたのアフリカ大陸で、おしゃれな女性たちのハートをがっちりつかんだカネカの付け毛。同社にとってもまた、アフリカは会社の成長を左右する極めて重要な市場となっている。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT