世界最長の航空機「空飛ぶおしり」、初飛行に成功

2018年までにさらに12機製造する予定

 8月17日、「空飛ぶおしり」として知られる世界最長の航空機「エアランダー10」が英ベッドフォードにあるカーディントン飛行場で初飛行に成功した。(2016年 ロイター/Darren Staples)

[ベッドフォード(英国) 17日 ロイター] - 「空飛ぶおしり」として知られる世界最長の航空機「エアランダー10」が17日、英ベッドフォードにあるカーディントン飛行場で初飛行に成功した。

機体の後部が丸いことから「空飛ぶおしり」と呼ばれている同機は、ロンドンの約100キロ北に位置する飛行場をゆっくりと離陸。15分かけて、上空約600メートルに到達した。

ハイブリッド・エア・ビークルズが開発した同機は全長92メートルで、機体にヘリウムが充てんされている。燃料は従来の航空機と比べ、ほんのわずかしか必要としない。

当初は米軍の偵察機として使われる予定だったが、軍の資金が枯渇。しかし補助金と民間投資で、プロジェクトは継続できるようになった。

すべてが順調に進めば、2018年までにさらに12機製造する予定だという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。