世界最長の航空機「空飛ぶおしり」、初飛行に成功

2018年までにさらに12機製造する予定

 8月17日、「空飛ぶおしり」として知られる世界最長の航空機「エアランダー10」が英ベッドフォードにあるカーディントン飛行場で初飛行に成功した。(2016年 ロイター/Darren Staples)

[ベッドフォード(英国) 17日 ロイター] - 「空飛ぶおしり」として知られる世界最長の航空機「エアランダー10」が17日、英ベッドフォードにあるカーディントン飛行場で初飛行に成功した。

機体の後部が丸いことから「空飛ぶおしり」と呼ばれている同機は、ロンドンの約100キロ北に位置する飛行場をゆっくりと離陸。15分かけて、上空約600メートルに到達した。

ハイブリッド・エア・ビークルズが開発した同機は全長92メートルで、機体にヘリウムが充てんされている。燃料は従来の航空機と比べ、ほんのわずかしか必要としない。

当初は米軍の偵察機として使われる予定だったが、軍の資金が枯渇。しかし補助金と民間投資で、プロジェクトは継続できるようになった。

すべてが順調に進めば、2018年までにさらに12機製造する予定だという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。