NEC、アジアの小売業に照準

マレーシアにサポート拠点を設置へ

セブン-イレブン・ジャパン、ローソン、サークルKサンクス――。NECは、約3万店にシステムを導入している国内コンビニ業界向けをはじめ、小売業向けソリューションに強みを持つ。

一方、コンビニに限らず、国内の小売業界は出店余地が限られてきており、日本の大手流通チェーンの中には、海外に成長を求める企業も目立ちつつある。とくに有力なのがアジア太平洋地域だ。現地企業も育ちつつある。

NECはその時流に乗るべく、アクセルを踏み込む。

NECは3月4日、アジア太平洋地域の統括会社である「NECアジアパシフィック」(本社・マレーシア)に、小売業向けの専門サポートセンターを設けると発表した。

アジア各現法と連携

5月に設置する同センターはアジアの各現法と連携して、コンビニやドラッグストアなど多店舗展開を進める現地企業の需要を開拓していく。

サポートセンターは戦略立案から営業、技術面のサポートはもちろん、各現法の能力強化に向けた教育にも力を入れる。トレーナー役を務めるのはNECの国内社員。小売業の基本知識から新規の顧客へのアプローチ方法、営業、保守などに必要なスキル、店舗向けの各種ツールなど、これまでNECが国内で培ったノウハウを生かした多彩な教育メニューをそろえる。

次ページ講習を受けた社員は?
人気記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。