NEC、アジアの小売業に照準

マレーシアにサポート拠点を設置へ

セブン-イレブン・ジャパン、ローソン、サークルKサンクス――。NECは、約3万店にシステムを導入している国内コンビニ業界向けをはじめ、小売業向けソリューションに強みを持つ。

一方、コンビニに限らず、国内の小売業界は出店余地が限られてきており、日本の大手流通チェーンの中には、海外に成長を求める企業も目立ちつつある。とくに有力なのがアジア太平洋地域だ。現地企業も育ちつつある。

NECはその時流に乗るべく、アクセルを踏み込む。

NECは3月4日、アジア太平洋地域の統括会社である「NECアジアパシフィック」(本社・マレーシア)に、小売業向けの専門サポートセンターを設けると発表した。

アジア各現法と連携

5月に設置する同センターはアジアの各現法と連携して、コンビニやドラッグストアなど多店舗展開を進める現地企業の需要を開拓していく。

サポートセンターは戦略立案から営業、技術面のサポートはもちろん、各現法の能力強化に向けた教育にも力を入れる。トレーナー役を務めるのはNECの国内社員。小売業の基本知識から新規の顧客へのアプローチ方法、営業、保守などに必要なスキル、店舗向けの各種ツールなど、これまでNECが国内で培ったノウハウを生かした多彩な教育メニューをそろえる。

次ページ講習を受けた社員は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。