5月の米鉱工業生産、予想超える落ち込み

自動車や関連部品の生産が大幅減に

 6月15日、5月の米鉱工業生産指数は、市場予想を超える落ち込みとなった。写真はミシガン州の自動車工場で2008年8月撮影(2016年 ロイター/Rebecca Cook)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が発表した5月の米鉱工業生産指数は0.4%低下し、市場予想のマイナス0.2%を超える落ち込みとなった。ドル高が和らぎ、原油価格が値上がりしているにもかかわらず、鉱工業生産は全般的にさえない状況がうかがえる。

内訳では製造業が0.4%低下した。変わらずの市場予想に反しマイナスとなった。自動車・関連部品の生産が約2年半ぶりの大幅減となったことが押し下げ要因となった。米景気には全般的には明るい兆しが出ているが、製造業の弱含みは続いていることを示唆した。

TD証券の副首席エコノミスト、ミラン・モルレーン氏は「製造業データが失望を誘う内容となったことは同セクターの停滞が長引いていることを示唆しており、引き続き米連邦準備理事会(FRB)の心配の種になるだろう」と述べた。

自動車・関連部品が4.2%低下し、2014年1月以来の大幅な落ち込みとなった。ただエコノミストは販売や在庫の状況から、落ち込みは一時的な公算が大きいと指摘している。その他、機械や木材関連製品の生産も減少した。

消費財は0.7%低下。消費耐久財は2.2%低下し、FRBでは自動車や家電、家具などの製品の落ち込みを反映しているとした。

企業設備は0.7%低下。公益は1.0%低下。

鉱業は0.2%上昇。過去8カ月連続の低下からプラスに転じた。ただ、石油・ガス掘削は7.9%のマイナスと、大きく落ち込んだ。

設備稼働率は0.4%ポイント低下し74.9%。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT