ケータイ店でも販売開始のワイヤレスゲート

Wi-Fiサービスの販売チャネルを拡大

携帯電話販売店という強力な販売チャネルが新たに加わった。

公衆無線LANサービスで業界首位のワイヤレスゲートは12月19日、住友商事との提携を発表した。12月20日より、公衆無線LAN接続サービスである「ワイヤレスゲートWi-Fi」の携帯電話販売店などでの販売を開始する。

同社の販売チャネルは、筆頭株主であるヨドバシカメラ経由が中心。これに一部、自社のウェブサイト経由がある程度だった。モバイル端末販売時に、こういったサービスをつけるのが一般的だが、特にサービスの内容を丁寧にしてもらう必要があるため、チャネルの選択も慎重に行ってきたという。今回の提携も、そのきめ細かいサービスという点を重視したもの。

住友商事系のティーガイアに期待

今後は、ヨドバシカメラに加え、住友商事グループのティーガイアなどの携帯電話販売店が加わることになりそうだ。全国で数多くの「ドコモショップ」「auショップ」などを展開するティーガイアだが、同社だけでも直営・代理店で1800店舗強、量販店拠点で1500カ所強の計3400近くの販売拠点を擁するだけに、今後の大きな販売増が期待できる。すでに一部店舗では、この12月20日より、ワイヤレスゲートWi-Fiの販売を始めているという。

ワイヤレスゲートWi-Fiは、月額380円から各地のファストフード店で高速通信サービスを受けられるサービス。今月から従来の倍となる全国約2万カ所のWi-Fiスポットの利用が可能となっている。全国のマクドナルド、スターバックス、ルノアール、東海道新幹線、成田や羽田などの空港といったエリアで利用が可能だ。同社では、このWi-Fiを核に、スポット以外でも使用できるWiMAX、さらにLTEの販売も増やしていく構えだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。