ブラジル検察、大統領の捜査開始を要請

国営石油会社をめぐる汚職捜査妨害で

 5月3日、ブラジルのメディアによると、ジャノー検事総長は国営石油会社ペトロブラスをめぐる汚職の捜査を妨害しようとした疑いで、ルセフ大統領(写真)に対する捜査開始を認めるよう最高裁判所に要請した。1日撮影(2016年 ロイター/Paulo Whitaker)

[ブラジリア 3日 ロイター] - ブラジルのメディアによると、ジャノー検事総長は3日、国営石油会社ペトロブラス<PETR4.SA>をめぐる汚職の捜査を妨害しようとした疑いで、ルセフ大統領に対する捜査開始を認めるよう最高裁判所に要請した。

最高裁と検事総長の担当者は要請の確認を求める電話やメールの取材に応じていない。

国内最大手のメディア・コングロマリットであるグロボ・ニュースとエスタド・ジ・サンパウロ紙によると、要請は3日深夜に行われた。

グロボのニュースサイトG1によると、要請は最高裁のザバスキ判事が分析する。ルセフ氏とルラ前大統領の電話での会話を録音したものに基づいており、公表はされない見込み。

またエスタド・ジ・サンパウロ紙はこの日、ペトロブラス元幹部による捜査協力を妨害する計画に関与したとして、検事総長がルラ氏を起訴したと報じた。

検察当局は起訴を確認していない。

最高裁は、検事総長がルラ前大統領と現政権の複数の閣僚に対する捜査開始を要請したことを確認した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT