東芝・室町社長が退任へ、会長に就く可能性も

原発事業で2000億円の減損処理へ

 4月20日、東芝は指名委員会を開催し、室町正志社長の退任を決める。関係筋が明らかにした。写真は都内で3月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 20日 ロイター] - 東芝<6502.T>は20日に指名委員会を開催し、室町正志社長の退任を決める。関係筋が明らかにした。また、米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)に関し、2000億円程度の減損処理を行うことで調整中。東芝は来週中に機関決定する見通し。

関係筋によると、室町社長に対しては社内にとどまるべきとの声も一部にあり、会長職に就く可能性もあるという。

東芝は従来、2016年3月期に7100億円の最終赤字に陥ると予想。その場合、15年3月末に1兆0840億円だった自己資本は1500億円と債務超過寸前の水準に落ち込む見通しだった。

ただ、今年3月に当事者間で合意した医療機器事業のキヤノン<7751.T>への売却で、同取引に伴う利益(税引き前段階で5900億円)を16年3月期に計上することがほぼ確実になり、WHを含む原子力事業ののれん(昨年末時点3852億円)の過半を減損処理しつつ、債務超過を回避することが濃厚になった。

 

(布施太郎、浜田健太郎 編集:山川薫)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT