円滑化法期限切れでも政策パッケージは徹底−−中塚金融相

円滑化法期限切れでも政策パッケージは徹底−−中塚金融相

10月1日の内閣改造で金融担当副大臣から昇格し、金融担当相に就いた中塚一宏氏(=写真=)。就任最初の会見では中小企業円滑化法の再々延長(1度目の延長が11年3月、2度目が12年3月)はないと断言した。ただ、法律の期限である13年3月まで半年を切り、銀行の融資姿勢が厳しくなり、企業倒産増加を懸念する見方もある。ハードランディングを防ぐうえで何が重要なのか。10月5日、中塚担当相が東洋経済などのインタビューに答えた。

--金融円滑化法は来年3月に期限切れを迎える。それに向けた企業や銀行の出口戦略の状況をどう見ているか?

出口戦略として政策パッケージ(金融機関のコンサルティング強化、企業再生支援機構や中小企業再生支援協議会との連携強化、経営改善や事業再生支援の環境整備)を発表したのが今年4月。5、6月には地方財務局から出口戦略ヒアリングを行い、足元でも、さらに取り組みを進めるようにお願いしている。

ぜひとも理解してほしいのは、政策パッケージが円滑化法の期限切れとなる来年3月で終わるわけではなく、13年3月末を過ぎても続くということだ。

--期限切れを見越して新たな法律をつくるべきとの考えは?

政策パッケージを4月から公表して約半年が過ぎた。(期限切れまで)あと半年ある中での取り組みをよく見ていく必要がある。その効果や進捗状況を見極めたうえで、新たに必要な施策が必要であれば、実態に応じて関係省庁と判断していく。

--今、その必要性は?

今は、政策パッケージの周知徹底や活用をとにかくお願いしていく。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。