円滑化法期限切れでも政策パッケージは徹底−−中塚金融相

円滑化法期限切れでも政策パッケージは徹底−−中塚金融相

10月1日の内閣改造で金融担当副大臣から昇格し、金融担当相に就いた中塚一宏氏(=写真=)。就任最初の会見では中小企業円滑化法の再々延長(1度目の延長が11年3月、2度目が12年3月)はないと断言した。ただ、法律の期限である13年3月まで半年を切り、銀行の融資姿勢が厳しくなり、企業倒産増加を懸念する見方もある。ハードランディングを防ぐうえで何が重要なのか。10月5日、中塚担当相が東洋経済などのインタビューに答えた。

--金融円滑化法は来年3月に期限切れを迎える。それに向けた企業や銀行の出口戦略の状況をどう見ているか?

出口戦略として政策パッケージ(金融機関のコンサルティング強化、企業再生支援機構や中小企業再生支援協議会との連携強化、経営改善や事業再生支援の環境整備)を発表したのが今年4月。5、6月には地方財務局から出口戦略ヒアリングを行い、足元でも、さらに取り組みを進めるようにお願いしている。

ぜひとも理解してほしいのは、政策パッケージが円滑化法の期限切れとなる来年3月で終わるわけではなく、13年3月末を過ぎても続くということだ。

--期限切れを見越して新たな法律をつくるべきとの考えは?

政策パッケージを4月から公表して約半年が過ぎた。(期限切れまで)あと半年ある中での取り組みをよく見ていく必要がある。その効果や進捗状況を見極めたうえで、新たに必要な施策が必要であれば、実態に応じて関係省庁と判断していく。

--今、その必要性は?

今は、政策パッケージの周知徹底や活用をとにかくお願いしていく。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT