Facebook、次は会話型AIとライブ動画に照準

年次開発者会議で明らかに

 4月12日、交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは、同社の対話アプリ「メッセンジャー」に、自然言語で会話ができる「チャットボット」と呼ばれる人工知能(AI)機能を開発者が搭載できるようにすると発表した。写真はゼニツァで昨年5月撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic)

[サンフランシスコ 12日 ロイター] - 交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブック<FB.O>は12日、同社の対話アプリ「メッセンジャー」に、自然言語で会話ができる「チャットボット」と呼ばれる人工知能(AI)機能を開発者が搭載できるようにすると発表した。

これにより、ユーザーはウェブサイトや電話を経由せず、商品を購入したい企業などと直接やり取りができるようになる。

サンフランシスコで開催した年次開発者会議で明らかにした。

マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は30分にわたる基調講演の冒頭でフェイスブックの10カ年計画を示し、AIや仮想現実(VR)、拡張現実(AR)の分野の改善に取り組む意向を示した。

ザッカーバーグ氏はまた、ライブ動画を配信できる「フェイスブック・ライブ」についても、開発者に開放し新たな機能の創造を促す考えを明らかにした。背景には、ユーザーによる独自コンテンツの共有を増やしたい意向がある。

フェイスブックは2014年に「メッセンジャー」を単体アプリとしてスピンオフして以来、同サービスにさまざまな機能を追加してきた。

昨年には配車アプリのウーバーやリフトと提携し、それぞれのアプリを経由することなく、メッセンジャーから配車予約を直接できるようになった。

フェイスブックはまた、オンライン通販のズーリリーやエバーレーンと提携し、レシート発行や注文・配送状況の確認をメッセンジャー上で可能にした。

メッセンジャーの製品マネジャー、セス・ローゼンバーグ氏によると、ユーザーと企業間でメッセンジャーを通じ毎月10億件のやり取りがある。この実績が同社の「チャットボット」試験への着手を後押ししたという。

同氏は、メッセンジャーは企業が消費者により深く関与できる手段を提供すると語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。