Facebook、次は会話型AIとライブ動画に照準

年次開発者会議で明らかに

 4月12日、交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは、同社の対話アプリ「メッセンジャー」に、自然言語で会話ができる「チャットボット」と呼ばれる人工知能(AI)機能を開発者が搭載できるようにすると発表した。写真はゼニツァで昨年5月撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic)

[サンフランシスコ 12日 ロイター] - 交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブック<FB.O>は12日、同社の対話アプリ「メッセンジャー」に、自然言語で会話ができる「チャットボット」と呼ばれる人工知能(AI)機能を開発者が搭載できるようにすると発表した。

これにより、ユーザーはウェブサイトや電話を経由せず、商品を購入したい企業などと直接やり取りができるようになる。

サンフランシスコで開催した年次開発者会議で明らかにした。

マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は30分にわたる基調講演の冒頭でフェイスブックの10カ年計画を示し、AIや仮想現実(VR)、拡張現実(AR)の分野の改善に取り組む意向を示した。

ザッカーバーグ氏はまた、ライブ動画を配信できる「フェイスブック・ライブ」についても、開発者に開放し新たな機能の創造を促す考えを明らかにした。背景には、ユーザーによる独自コンテンツの共有を増やしたい意向がある。

フェイスブックは2014年に「メッセンジャー」を単体アプリとしてスピンオフして以来、同サービスにさまざまな機能を追加してきた。

昨年には配車アプリのウーバーやリフトと提携し、それぞれのアプリを経由することなく、メッセンジャーから配車予約を直接できるようになった。

フェイスブックはまた、オンライン通販のズーリリーやエバーレーンと提携し、レシート発行や注文・配送状況の確認をメッセンジャー上で可能にした。

メッセンジャーの製品マネジャー、セス・ローゼンバーグ氏によると、ユーザーと企業間でメッセンジャーを通じ毎月10億件のやり取りがある。この実績が同社の「チャットボット」試験への着手を後押ししたという。

同氏は、メッセンジャーは企業が消費者により深く関与できる手段を提供すると語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT