金正日の遺言 井野誠一著

金正日の遺言 井野誠一著

後継者問題が改めて注目されている北朝鮮の金正日総書記。本書は金正日ファミリーの人間模様、政治実態を丹念に追ったインサイドストーリーだ。

本書では、金総書記は「遺言」を作成しつつあり、後継者の名もすでに記したとする。三男の正雲に内定との報道もあるが、本書では断定を避け、長男・正男が「本家の長男」として担ってきた役割にも目配りする。第一候補に何か不都合があれば、金総書記はためらわずに遺言を書き直す、判断基準は何よりも金ファミリー支配体制の維持だ、というのが著者の結論。同時並行で事態が動き、情報も錯綜する中、やや歯切れが悪い面があるのはやむをえないだろう。

とはいえ、核開発と対話という硬軟両カードを使い分ける北朝鮮外交の根底にあるのも、まさに金ファミリー体制の維持。その「実体と“生理”」(本書まえがき)を知ることは、日本の外交、安全保障を考えるうえでも有益だろう。

朝日新聞出版 1470円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。