金正日の遺言 井野誠一著

金正日の遺言 井野誠一著

後継者問題が改めて注目されている北朝鮮の金正日総書記。本書は金正日ファミリーの人間模様、政治実態を丹念に追ったインサイドストーリーだ。

本書では、金総書記は「遺言」を作成しつつあり、後継者の名もすでに記したとする。三男の正雲に内定との報道もあるが、本書では断定を避け、長男・正男が「本家の長男」として担ってきた役割にも目配りする。第一候補に何か不都合があれば、金総書記はためらわずに遺言を書き直す、判断基準は何よりも金ファミリー支配体制の維持だ、というのが著者の結論。同時並行で事態が動き、情報も錯綜する中、やや歯切れが悪い面があるのはやむをえないだろう。

とはいえ、核開発と対話という硬軟両カードを使い分ける北朝鮮外交の根底にあるのも、まさに金ファミリー体制の維持。その「実体と“生理”」(本書まえがき)を知ることは、日本の外交、安全保障を考えるうえでも有益だろう。

朝日新聞出版 1470円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。