米アップル、ロック解除命令の無効申し立て 「表現の自由に違反」

「憲法が保障する表現の自由に違反」

[25日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は25日、銃乱射事件の容疑者が所持していた携帯電話のロック解除をめぐり同社に対する裁判所命令を取り消すよう求める申し立てを行った。

米連邦捜査局(FBI)は、カリフォルニア州サンバーナディーノで発生した銃乱射事件のサイード・ファルーク容疑者の「iPhone(アイフォーン)」のロック機能を解除するよう要請したが、アップルはセキュリティーの観点から拒んでいる。

アップルは裁判所に提出した文書で、「政府の要求はアップルに前例のない負担を課す」とした上で、憲法が保障する表現の自由にも反すると主張。この問題が特定のアイフォーンにとどまらないと訴えた。

一方、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官はこの日、アップルに対する裁判所命令は類似の事件への先例にはならないとの認識を示した。

アップルの申し立てを受け、米司法省は犯罪立件に向けたアプローチは変わらないと表明。報道官は「変わったのは、長年続けてきた当局への協力姿勢を翻したアップルの方だ」と語った。

米グーグル<GOOG.O>、フェイスブック<FB.O>、マイクロソフト<MSFT.O>、ツイッター<TWTR.N>の4社は、アップルが今回申請した無効申し立てを支持する意見書を裁判所に提出する方針だ。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT