米アップル、ロック解除命令の無効申し立て 「表現の自由に違反」

「憲法が保障する表現の自由に違反」

[25日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は25日、銃乱射事件の容疑者が所持していた携帯電話のロック解除をめぐり同社に対する裁判所命令を取り消すよう求める申し立てを行った。

米連邦捜査局(FBI)は、カリフォルニア州サンバーナディーノで発生した銃乱射事件のサイード・ファルーク容疑者の「iPhone(アイフォーン)」のロック機能を解除するよう要請したが、アップルはセキュリティーの観点から拒んでいる。

アップルは裁判所に提出した文書で、「政府の要求はアップルに前例のない負担を課す」とした上で、憲法が保障する表現の自由にも反すると主張。この問題が特定のアイフォーンにとどまらないと訴えた。

一方、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官はこの日、アップルに対する裁判所命令は類似の事件への先例にはならないとの認識を示した。

アップルの申し立てを受け、米司法省は犯罪立件に向けたアプローチは変わらないと表明。報道官は「変わったのは、長年続けてきた当局への協力姿勢を翻したアップルの方だ」と語った。

米グーグル<GOOG.O>、フェイスブック<FB.O>、マイクロソフト<MSFT.O>、ツイッター<TWTR.N>の4社は、アップルが今回申請した無効申し立てを支持する意見書を裁判所に提出する方針だ。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT