第3次野菜ジュース戦争勃発!/隠れたヒット商品「こけしマッチ」に学べ/アサヒビールはパンドラの箱を開けたのか?《それゆけ!カナモリさん》

■3月23日 アサヒビールはパンドラの箱を開けたのか?

 「うまい」

 発売されたばかりの発泡酒「アサヒ クールドラフト」を飲んで思わず唸った。しかし、そのうまさゆえに、とある不安を感じてしまった。

 クールドラフトのCMがすごい。豊川悦司が射すくめるような鋭い目で語りかける。「一番うまい発泡酒を、決めようじゃないか。」。BGMはロッキーのテーマ。戦闘的だ。アサヒの本気度がビシビシ伝わってくる。しかし、一体誰に対して、「一番を決めよう」と挑戦しているのだろうか。

 分析する前に、少しビール類市場を概観してみよう。

 かつてビール市場でのシェアが10%を割り込むまでに落ち込んでいたアサヒビール。ご存知の方も多いと思うが、「ビールのうまさは“キレ”」という新たな価値観を訴求した。「スーパードライ」の上市である。シェア50%超えを誇るキリンビールの牙城を切り崩し、一気に首位の座を奪取した。11年前のことだ。

 そして、共同通信の記事によると、2008年のビール市場(発泡酒と第3のビールを除く)で、アサヒビールのシェア(市場占有率)が、初めて50%を超えることがほぼ確実となった、という。

 一方で、発泡酒と第3のビールを含む「ビール類市場」で見ると、昨今、「ビール」の販売量低下には歯止めがかかっていない。産経新聞の記事によれば、ビールの構成比は46.8%と平成4年の統計開始以来、過去最低の水準であるという。

 今回アサヒが勝負をかけてきたのは、発泡酒だ。このカテゴリーには、キリンの「麒麟淡麗〈生〉」という強力なブランドが存在する。スーパードライで起こしたような逆転劇は再び起きるのだろうか……。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT