ホンダ、中国市場向け「アキュラ」を発表へ

苦戦の高級SUVで巻き返し目指す

 1月9日、ホンダは今年、中国向けの「アキュラ」ブランドの小型クロスオーバースポーツ多目的車(SUV)を発表する。東京モーターショーで昨年撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[北京 9日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は、今年中国向けの「アキュラ」ブランドの小型クロスオーバースポーツ多目的車(SUV)を発表する。中国で苦戦する高級車「アキュラ」の復活や存続をかける。

北京にあるホンダの広報担当者は、新たな「アキュラ」クロスオーバーSUVは、特に中国向けに開発されたとし、同社の中国市場への意欲を表している、と語った。

また、ある関係筋によると、中国の「アキュラ」販売部門は、年間約3万台の新クロスオーバーSUVの販売を見込んでいる。

ホンダが中国に約10年前に参入して以降「アキュラ」は苦戦しており、販売台数は約4000台にとどまっている。一方、競合BMW<BMWG.DE>は46万台、アウディ<NSUG.DE>は55万4000台の高級車を売り上げている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。