兵頭 二十八(ひょうどう にそはち) Nisohachi Hyodo
作家、評論家

1960年、長野市生まれ。陸上自衛隊北部方面隊に2年間勤務した後、1984年、神奈川大学外国語学部英語英文科に入学。1988年、東京工業大学大学院理工学研究科社会工学専攻博士前期過程に入学、1990年、同大学院修了。著書に『東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる』など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT