兵頭 二十八(ひょうどう にそはち) Nisohachi Hyodo
作家、評論家

1960年、長野市生まれ。陸上自衛隊北部方面隊に2年間勤務した後、1984年、神奈川大学外国語学部英語英文科に入学。1988年、東京工業大学大学院理工学研究科社会工学専攻博士前期過程に入学、1990年、同大学院修了。著書に『東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる』など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。