三菱UFJの苦悩、モルガン・スタンレーへの出資で損失

11年のモルガン・スタンレーの普通株主に帰属する最終利益は20・67億ドルだった。仮に12年も同水準の利益が出ると、MUFGに帰属する利益は年間350億円程度になる。だが、前述の232億円の損失が足を引っ張るため、最終的にはわずか120億円程度しか残らない。

収益の多寡に翌期の株式発行による社員報酬が連動すると考えれば、今後もあまり期待できない。普通株に転換せず優先株でそのまま保有していれば、1割の配当が得られ、税金を勘案しても、純益寄与は360億円程度と大きかったはずだ。たしかに、陣頭指揮を執ってきた三菱東京UFJ銀行の平野信行頭取は事業提携によってビッグディールの獲得という成果もあげているが、今後、どの程度の収益規模が期待できるのだろうか。

株式のさらなる希薄化でモルガン・スタンレーへの持ち分比率が20%を切れば、持ち分対象から外れてしまう。株式追加取得のための資金拠出をするなどという事態にはよもやならないだろうが……。モルガン・スタンレーとの交渉力が問われる。

三菱UFJフィナンシャル・グループの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(大崎明子 撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済2012年9月8日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT