ファッション誌トップシェア、宝島社の女性誌マーケティングの秘密(下)--ライバルは他誌ではなく、あらゆる商品とサービス

社長はつねに「経営とは人を幸せにすること」と語っており、社員を考えた経営を続けている。こうした企業風土が、マーケティングの強い推進力となっている。この企業風土を今後も生かしていくため、3年前から広報では社内報『宝』を毎月発行している。

また、宝島社では1998年から、企業広告を実施している。これは商品の宣伝ではなく、出版物だけでは伝えきれない“企業として世の中に伝えたいメッセージ”を、新聞広告という形を用いて発信しているものだ。
 
 毎回、数々の広告賞を受賞しているが、10年の「日本の犬と、アメリカの犬は、会話できるのか。」は、日米で同時掲載し、過去最多の広告賞6冠を受賞した。11年9月2日に実施したマッカーサーを起用した企業広告「いい国つくろう、何度でも。」も大きな話題を呼び、YAHOO!JAPANのトップニュースとしても取り上げられた。

より多くの人たちに向けて東京ミュージック花火を開催

宝島社は、「東京ミュージック花火」実行委員会、実行委員長として、「東京ミュージック花火2012」を、お台場海浜公園(東京都・港区)で、12年10月7日(日)に開催することを決定した。
 
 「東京ミュージック花火2012」は、東京、そして日本を代表する観光地である「お台場」の活性化を目的に、東京都港湾局後援のもと開催される都内では初めての“ミュージック花火”である。“ミュージック花火”とは、最新のコンピュータシステムを用いて30分の1秒の単位で音楽に合わせて花火を打ち上げるもので、海外などでは頻繁に催されているエンターテインメント花火ショーだ。

東京で一番の夜景をバックに、約7000発の花火が音楽とともに打ち上げられる。今回は、“日本初の女子向け花火”をコンセプトに、女性マーケティング力を活かした屋外化粧室やフード、アロマの香りを使った演出などを企画し、女性が快適に楽しく過ごせる企画を多数、予定している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。