貼るだけカンタンの地震対策、住友スリーエムが本棚用の落下防止テープ

構造を詳しく解説しよう。テープは主に3層構造になっている。表面に特殊加工したウレタンとアクリル系の粘着材、・離紙で構成されており、実際の使用の際には・離紙を剥がして粘着部分を、本棚の書籍やファイルの前面に貼りつける。

通常、地震が起こったときに本棚では、中の書類が動かされる力が、書棚と書類の摩擦により保持される力を上回る。だから棚から書類が落ちる。ところが、落下抑制テープを貼ることによって、書棚と書類の摩擦により保持される力が、中の書類が動かされる力を上回る。よって、棚の中に書類がとどまるという理屈だ。

テープは簡単に貼りつけられる構造のうえ、透明で目立たず、オフィスで使っても美観を損ねない。メーカー希望小売価格は1.8メートルタイプが976円、9メートルタイプが4200円。文具・事務用品店やオフィス向け通販、量販店などで販売する計画だ。

(武政秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。