野村ホールディングスの渡部CEO、柴田COOが辞任、その他の役員層も大幅に刷新へ


 
 インサイダー関連事件の発覚から時間を要したものの、野村が主体的に危機乗り切りに踏み出したこととして、今回の動きは評価できるだろう。2人の代表取締役の辞任にとどまらず、その他の役員層の大幅異動も伴う広範な刷新内容となるもようであることも、野村内部における危機意識の高さを反映している。

一方、近年の野村を巡っては、インサイダー関連事件のみならず、08年のリーマン・ブラザーズ譲り受けの実質的な失敗についてもその責任が明確化されず、むしろ、旧リーマン拠点など海外部門で発生した損失を国内部門にバイアスを掛ける形で穴埋めしていく傾向がみられた。これによって、「国内営業にも歪みが生じた」と野村の大物OBは指摘している。今回の経営体制刷新は、そうした野村グループが抜本的な手直しに向かう起点となるものと位置づけできる。

(浪川攻 撮影:尾形文繁 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。