将棋名人血風録 奇人・変人・超人 加藤一二三著

将棋名人血風録 奇人・変人・超人 加藤一二三著

今年は、将棋名人の誕生から400年。現行の「実力名人制」になってから名人位に就いたのは、著者を含めてたった12人である。11人全員と対戦経験がある著者が、その人となりや対局時のエピソード、それぞれの将棋哲学などをつづっている。

どう考えても勝ち目がない局面でもひたすら耐え逆転勝ちを狙う、羽生善治の「羽生マジック」の秘密。対戦相手の座布団のへこみ具合で相手の心理状態を判断したという大山康治。相手にとって重要な対局ほど全力で戦う米長邦雄の「米長哲学」など、棋士の知られざる姿が語られる。

どれだけ人に感動を与えられる将棋を指すかが大事だと語るところから、著者の将棋へ熱い思いが伝わってくる。

角川oneテーマ21 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。