将棋名人血風録 奇人・変人・超人 加藤一二三著

将棋名人血風録 奇人・変人・超人 加藤一二三著

今年は、将棋名人の誕生から400年。現行の「実力名人制」になってから名人位に就いたのは、著者を含めてたった12人である。11人全員と対戦経験がある著者が、その人となりや対局時のエピソード、それぞれの将棋哲学などをつづっている。

どう考えても勝ち目がない局面でもひたすら耐え逆転勝ちを狙う、羽生善治の「羽生マジック」の秘密。対戦相手の座布団のへこみ具合で相手の心理状態を判断したという大山康治。相手にとって重要な対局ほど全力で戦う米長邦雄の「米長哲学」など、棋士の知られざる姿が語られる。

どれだけ人に感動を与えられる将棋を指すかが大事だと語るところから、著者の将棋へ熱い思いが伝わってくる。

角川oneテーマ21 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。