将棋名人血風録 奇人・変人・超人 加藤一二三著

将棋名人血風録 奇人・変人・超人 加藤一二三著

今年は、将棋名人の誕生から400年。現行の「実力名人制」になってから名人位に就いたのは、著者を含めてたった12人である。11人全員と対戦経験がある著者が、その人となりや対局時のエピソード、それぞれの将棋哲学などをつづっている。

どう考えても勝ち目がない局面でもひたすら耐え逆転勝ちを狙う、羽生善治の「羽生マジック」の秘密。対戦相手の座布団のへこみ具合で相手の心理状態を判断したという大山康治。相手にとって重要な対局ほど全力で戦う米長邦雄の「米長哲学」など、棋士の知られざる姿が語られる。

どれだけ人に感動を与えられる将棋を指すかが大事だと語るところから、著者の将棋へ熱い思いが伝わってくる。

角川oneテーマ21 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT