「草の根」に分け入り現実をとらえよ--『あなたの中のリーダーへ』を書いた西水美恵子氏(ソフィアバンク・パートナー、元世界銀行副総裁)に聞く

──世銀は地域診療所、IMF(国際通貨基金)は外科医院とあります。

今のギリシャはいい例だ。手遅れで、救急車を呼んだ。ギリシャは、EU(欧州連合)プラスIMFで外科手術は一応できる。しかし、再発しない手術をしようとすれば、ギリシャ経済の本質をとことん構造的に変えなければいけない。汚職や闇経済がはびこり、ギリシャ経済の半分は数字ではわからない。人々は大抵が表と裏との二つの仕事を持ち、裏では税金を払わない。税制改造に踏み込むような構造改革は、金融的にいえば10年据え置きの40年物を扱う、息の長い関係を保てる世銀のような「診療所」が、外科医と一緒になって面倒を見ないといけない。ギリシャは発展途上国ではない。先進国がこういう状態になると怖い。

──パワースピーチやチームプレーの極意も書かれています。

私は、プレゼンテーションでパワーポイントを使う人を信用していない。結局ごまかしている。本当にメッセージをわかってほしいなら、パワーポイントは邪魔になる。言葉にしても、コミュニケーションのツールとして不完全なもの。その不完全な言葉を使って、自分が考えていることを時間内にわかってもらうには、心を通じる努力をしなければならない。言葉にハートを載せる。言葉には魂があるのだと信じて語りかけなければならない。

ぜいたくをいえば、目をつぶって私の話を聞いてほしいぐらいだ。私は人の言っていることをしっかり聴きたいときには目をつぶる。普通の人の視覚は聴覚よりも優位にあり、ごまかしが利く。あえてスライドとして使いたいのは写真だ。写真はまさに「百聞は一見にしかず」だからだ。記憶にも残りやすい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。