関電ブランドで急成長、虎の子通信事業

「ケイ・オプティコム」の前途

関電ブランドで急成長、虎の子通信事業「ケイ・オプティコム」の前途

関西地方で光回線争奪戦が熱を帯びている。台風の目となっているのが関西電力系のケイ・オプティコム(以下、ケイオプ)だ。首都圏では耳慣れない企業だが、関西ではテレビCMを見ない日はない。関電の信用力をバックに値下げ攻勢でNTTの牙城を切り崩し、業界地図を塗り替えようとしている。

通信事業を新たな柱に、という関電の戦略を受け、100%子会社として2000年に誕生したケイオプ。当時、月額1万円程度で提供していたNTTに対し、格安の6300円で対抗。さらに05年には4900円に一気に値下げし、業界を震撼させた。11年度末には加入件数が130万を突破。売上高1592億円、経常利益186億円を稼ぎ出すまでに成長しており、前期2400億円超の巨額赤字に沈んだ関電にとってまさに虎の子だ。

 

関係者によると、年間の設備投資額は約50億円。親会社の関電からインフラを借りることで安く提供できる。一方で、新興企業の知名度の弱さをカバーしようと、浮いた費用で有名タレントを使ったCMなどを大々的に投入し、NTT並みに知名度を上げた。さらに先日の新サービス発表会は東京のホテルで開催した。サービス地域外で会見するなど全国での知名度向上にも貪欲だ。

「NTTをことさら意識して値下げしたわけではない。割安のADSLからどうやって光に切り替えてもらうかに重点を置いてきた」(ケイオプの藤野隆雄社長)とするが、実際はNTTには大打撃だ。

NTT西日本は光回線サービス「フレッツ光」をNTT東日本より約500円安い月額4970円に設定。NTT東が今年開始した2年縛りの割引もすでに05年から導入している。「東と同じでは関西では戦えない」(NTT西)と必死だ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。