危ない私立大学 残る私立大学 木村誠著

危ない私立大学 残る私立大学 木村誠著

少子化を背景にしたサバイバル戦の真っただ中にある大学。2011年の志願動向によれば、全国の私立大学のうち約4割が定員割れを起こしているという。大学受験情報誌の編集長を長く務め全国の大学に詳しい著者は、10年後には100校以上の私立大学が破綻し、消滅していると予測する。

減少し続ける学生をいかに獲得するか、熾烈になる大学間の生き残り競争の中で、どんな私立大学が強いのか。全国の主な私立大学を、施設規模、教育力、就職力、募集力をベースに財政情報を加味した独自の指標で客観的に評価。厳しい生き残り戦略をリポートし、併せて独自の存在感を発揮している私立大学を紹介する。

朝日新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT