ニュースキャスター 大越健介著

ニュースキャスター 大越健介著

著者は、NHK「ニュースウォッチ9」のキャスターを務める。東日本大震災、経済の衰退、政治不信など、閉塞感と不安が覆い尽くす現代日本社会の中で、ニュースは何を伝えればいいのか、取材者であり表現者であるニュースキャスターの使命とは何なのかを問う。

東日本大震災が起きたその日のドキュメントから、番組制作の裏側、記者時代の思い出、あるいは野田佳彦首相やレディー・ガガなどへの取材日記なども掲載されている。

記者としてNHKに入局。取材記者とキャスター、この二つの役割を経験することで見えてきた、現在のキャスターとしての「抑制的にニュースの見方を示す」ジャーナリズム観も披露する。

文春新書 787円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。